告知

2012年5月10日 (木)

ビジネス講演会に講師として登壇します。

5/30にビジネス講演会に出ることになりました。主催は、ファンシーグッズの業界紙を30年以上にわたり発行している「東京ピーアール企画」さんです。入場されたい方は、kawahara.azusaアットマークnifty.co.jpまでお問合せいただければご案内いたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

カルチャーカルチャーでのイベントで、何気ない商材をいかにネットとリアルで盛り上げていったか、その事例を紹介し、解説いたします。具体的に自社の商材のPRに悩んでいる方いらっしゃいましたら、アイディアだしもその場でできますので、お気軽にご来場下さいませ。

講演会に関するお問合せは下記となります。

お問い合せ先 東京ピーアール企画株式会社
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-15-3 吉川ビル3F
TEL 03-3864-5285 FAX 03-3864-1392
MAIL fancy@fancy.co.jp
担当:金戸芽木(かねと・めぎ)

---
今の若者達は何をして遊ぶのか、知ってますか?

ネットとリアル、どっちも楽しむ
今の若者が感じる「おもしろい(の発見)を大公開」!


 モノを買わない、酒も飲まない、テレビも見ない、・・・今若者達は何をして過ごしているのかわからないと思ったことはありませんか?若者達は冷めているわけではありません。熱くなるものが変わったのです。彼等が今夢中になる“遊び場”があります。ネットとリアルをつなぐライブハウス・東京カルチャーカルチャーです。お台場の観覧車のすぐ隣。月約20本のイベントを開催。

 様々なところに散らばっている「おもしろい」の芽を発掘し、それをリアルで体感できるイベントにしているのが東京カルチャーカルチャー。河原梓氏は同店で、イベントの制作や、ツイッターやFacebookを活用したイベントのプロモーションを担当していました。

 同店は若者達が今何をしたいか、何を知りたいかを常にキャッチし、イベントに結びつけています。その企画力にメディアも注目しており、人気情報番組のネタ元になることも多々あります。同店は、一見イベントにできそうもないものも、独自の編集力でコンテンツ化して集客につなげています。「話題性がない、トレンド感がない」と思いがちな商材やコトも、見方を変えれば大きな可能性を秘めているのです。

 また、イベントに来場したユーザーの伝播力は見逃せません。イベントを介してユーザー間の口コミが広がり、そしてそれがネットに伝播し、新たな企業価値が生まれます。当セミナーはネットとリアルをつなぐことで“新しい切り口”を発見する“ハウツー”を体感できる場になります。

 氏の話は貴社のファンを増やす、ビジネスを活性化させるヒントが満載です。是非この機会をご活用ください。

期日 2012年5月30日(水)

時間:第一部
「考えてみよう会 (講演) 15:45∼17:15(1時間30分)」会費¥7,000
   テーマ
「今の若者が感じる『おもしろい(の発見)を大公開 」
   講 師 ニフティ株式会社   河原 梓

   ※質問の時間も設けています。いろいろな質問をご用意下さい。 

   第二部 懇親会 17:30∼19:45(2時間15分)
       会費¥10,000

場所:東日本プラスチック工業厚生年金基金会館 4F
   東京都台東区柳橋2-21-8 TEL 03-3862-4308
    JR浅草橋駅、都営浅草線浅草橋駅より徒歩5分

参加人数:一部100名、二部100名
(定員になり次第締め切らせていただきます)

※会場で宣伝したい、あるいは知っていただきたいことがございましたら材料をご持参下さい。
※会費は会場で頂戴致します。

お問い合せ先 東京ピーアール企画株式会社
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-15-3 吉川ビル3F
TEL 03-3864-5285 FAX 03-3864-1392
MAIL fancy@fancy.co.jp
担当:金戸芽木(かねと・めぎ)

2012年3月17日 (土)

海外出張報告ミートアップ、やります。

Azqrp

タイトルだけみると「え?なに?」と思っちゃうかもしれませんが、実はタイトル以上でも以下でもありません。お台場の東京カルチャーカルチャーで、出張報告のイベントをやります。おそらく、企業の出張の報告会を興業にするのは、日本ではじめての試みかと思います。チケットももちろん売ります。イープラスで来週発売です。詳しくは東京カルチャーカルチャーのホームページで告知するので、気になる方はぜひチェック下さい。

http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_120315203883_1.htm

---

カルチャーカルチャースタッフ河原あず長期海外出張帰還記念イベント開催!
河原あず、アメリカ長期出張帰国報告ミートアップ

2012 04 10 [Tue]
Open 18:30 Start 19:30 End 21:30 (予定)
前売券/¥1,500、当日券/¥2,000 (飲食代別途必要・ビール\600、ソフトドリンク\390など)


ご存知の方はご存知の通り、東京カルチャーカルチャー担当の河原あずが、11月17日より2月29日まで、104日間のアメリカ出張に出かけてきました。

目的は「アメリカのミートアップ/イベントカルチャーの調査」

河原あずはアメリカの100日旅で何を得てきたのか? そもそも広大なアメリカのどこにいってどんな人に会い、どんなイベントを見てきたのか?

この日、104日間を2時間に詰め込んで、プレゼンテーションします。

ミートアップの取材の締めに相応しく、本来はニフティ社内の会議室で実施する出張の報告を、東京カルチャーカルチャーで、ミートアップスタイルで開催します。旅の裏話、アメリカの最先端のイベント事情や、シリコンバレーのビジネス事情などを、時間の許す限りお話します。

Q&Aセッションあり、お仕事の話だけではなくアメリカ珍道中の丸秘エピソードの披露あり、お土産争奪じゃんけん大会ありと、盛りだくさんの120分です。アメリカのイベントカルチャーに興味のある方ならきっと楽しめるはず!? お気軽にご参加下さい。

【出演】河原あず(東京カルチャーカルチャー/ニフティ株式会社アメリカ長期出張プログラム3期メンバー)、こねこ(ぬいぐるみ/河原あずのソーシャルメディアマスコット)
【司会進行】青木隆夫(ニフティ株式会社/アメリカ長期出張プログラム1期メンバー)

2011年12月20日 (火)

Meetup社のCEO スコット・ハイファマン氏インタビューを、3日連続で更新します。

こんにちは。東京カルチャーカルチャーの河原あずです。

当ブログでの更新はぱったり止まっておりましたが、無事11/17にアメリカに到着しまして、それなりに元気にやっております。早くも1ヵ月がたちましたが、遊んでばかりいることもなく、アメリカの様々な場所に飛び回り取材を続けております。

取材は順調で、イベント5本、カンファレンス1本の取材を既に終え、オーガナイザーのインタビューも4本収録しました。

アメリカ中を飛び回ってたこともあり、なかなか更新の時間をとれずにおりましたが、ついに、当ブログでのレポート更新をスタートします。レポート第一弾は、コミュニティイベントの支援サービス「Meetup.com」を展開するMeetup社の共同創業者CEO スコット・ハイファマン(Scott Heiferman)氏へのインタビューです。

Scottprofile

日本語でのまとまったインタビューが公開されるのは、おそらく初かと思います。日本でも徐々にその言葉を耳にしつつある「Meetup」ですが、その言葉のルーツはスコット氏が2002年に立ち上げた「Meetup.com」にあります。

そもそもMeetupとは何か? イベントとは何が違うのか? なぜ対面コミュニケーションをテーマにしたサービスをはじめたのか? 彼の考える理想のコミュニティ像とは? そして、気になる日本への展開など、深堀りして伺ってきました。Meetupという言葉を知らない、ネットビジネスに関心のある人にも興味深いインタビューかもしれません。

Logo

そもそも今回のアメリカ滞在のテーマは「アメリカのMeetupカルチャーの調査」でした。そのMeetupのルーツのハイファマン氏にインタビューできたことは、非常に私にとっては意味のあることです。興味深い素材がたくさん取れる中で、どの素材を最初に持ってくるか考えましたが、彼へのインタビュー以外には、考えられませんでした。

かなりの字数のインタビューになったので、更新を3日間に分けて三夜連続でお届けします。初回更新は本日の現地時間夜(日本時間の15時前後)を予定しております。ご期待ください。それでは。

(河原あず/東京カルチャーカルチャー)

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31